松島手樽を元気にする協議会 代表よりごあいさつ

会長 鶴田川沿岸土地改良区理事長 千葉 榮

国を挙げた農村の魅力を伝える支援が実を結び、今までは知られることさえ珍しかった地方独自の文化が見直されてきています。
私たち鶴田川沿岸土地改良区が管轄する大崎市鹿島台・大郷町・松島町には、世界農業遺産の「大崎耕土」、土木学会選奨土木遺産の「元禄・明治潜穴・吉田サイフォン」など、先人が築き上げてきた貴重な遺産がたくさんあります。
「松島湾」も、日本で初めて「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟を認められ、世界に誇れる地域の資産がまた一つ増えました。
今後も恵まれた地の利を活かして、農業・漁業・福祉の連携を図り、安心安全な農産品や生鮮品の安定した供給を計ってまいります。これからの人生120年時代、食の方面から医療費の削減を支えていくことが私たちの目標の一つでもあります。みんなが心豊かに元気に暮らせる地域づくりを実践し、松島手樽を元気にする協議会の活動を内外に発信してまいりたいと考えております。

コーディネーター 髙橋 雅道

こんにちは。松島手樽を元気にする協議会コーディネーターの髙橋雅道と申します。
松島手樽は日本三景「松島海岸」の北部に位置し、手樽海浜公園や富山観音など松島湾を一望できる絶景スポットが点在しながら牡蠣やホタテの養殖を中心とした漁業や、お米の栽培を中心とした農業が同時に営まれている日本国内でも稀にみる地域です。
松島観光はもちろんのこと、豊かな水や土、里山といった日本古来より受け継がれてきた大切な自然・文化を直に体験できる魅力あふれる場所でもあります。
松島手樽へ来ていただいた際は、車やバイク、サイクリングやウォーキングなど思い思いの方法で、かけがえのない手樽の自然・文化に触れてください。協議会メンバー一同、みなさんのお越しをお待ちしております